[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]
2020年01月08日(水)

忘年家族例会開催

トレジェネ・クリスマスミニコンサートトレジェネ・クリスマスミニコンサート

 計画委員長 蒼座 誠

 

 2019年12月17日、会長スローガン(メンバーは皆家族・力を合わせてWE serve)
 一畑ホテルにて忘年家族例会が開催されました。1年を締めくくる例会に会員の皆様はもとより、ご家族の皆様に多数ご参加いただきました。お子様、お孫様にも多くご参加頂き、和やかな雰囲気の中で開催出来ました。
 乾杯を336-D地区1R RCのL.渡部俊行より賜り、1年を振り返りながらのご挨拶頂きながらスタートしました。トレジェネによるクリスマスミニコンサートでクリスマスソングを披露頂き、上品な雰囲気で会に花を添えて頂きました。また余興ではお子様、お孫様とゲームをさせて頂き、合わせてクリスマスプレゼントに皆様に喜んで頂けたと思います。会員同士、そして家族の皆様と共に1年を振り返りながら皆様の笑顔、溢れる雰囲気の中での忘年家族例会となりました。締めくくりのライオンズローアは第1副会長L.石松俊之より頂き、和やかにお開きとなりました。
 引き続き宮本会長のもとで松江湖城ライオンズクラブを盛り上げるお手伝いが出来ればとの思いですので宜しくお願い致します。

続きを読む...

2020/01/08 16:57 | 未分類 | コメント(0)

2019年12月26日(木)

第二回ガバナー諮問委員会開催

諮問会議で報告する宮本会長諮問会議で報告する宮本会長

 幹事 石松 俊之

 
令和元年12月14日(土)ホテル一畑において、第二回ガバナー諮問委員会が開催され、当クラブから、宮本会長をはじめとして、石松幹事及び藤原会計、地区役員として、渡部リジョンチェアパーソン及び森山リジョン幹事が出席されました。
 
第一部は大野GLTコーディネーターを講師として、アラート研修会が開催されました。
第二部はキャビネット会議報告及び各地区委員からの報告が行われました。
 
諮問会議において、当クラブは宮本会長より当クラブのアクティビティ報告及び会員動向を報告し、木村ゾーンチェアパーソンより、7名の増員を果たした当クラブに対し、大変お褒めの言葉を頂戴したことを報告致します。

続きを読む...

2019/12/26 14:38 | 未分類 | コメント(0)

2019年11月25日(月)

献血呼びかけ活動実施報告

プラカードでアピールプラカードでアピール

 

環境・福祉委員長 福田 栄吉

 松江湖城LC環境・福祉委員会のアクティビティ「イオン松江ショッピングセンター献血呼びかけ活動」を10月11日(金)朝9時から夕方5時まで実施致しました。
 当日はお忙しい中にもかかわらず、会長をはじめ湖城LCメンバーの皆様には多数ご参加いただきまして有難うございました。皆様の呼びかけやご紹介もあり、52名の方が受付をして下さいました。その中で36名の方が献血をして下さり、16名の方が不適ではありましたが、皆様に大変感謝いたしました。
 献血の必要性を皆様に感じて頂き、今後もこの活動を通して社会貢献が出来ます様、よろしくお願いいたします。

続きを読む...

2019/11/25 17:58 | 未分類 | コメント(0)

2019年11月21日(木)

県立松江養護学校松養まつり参加報告

オープニングの様子オープニングの様子

教育・YCE・LCIF委員長 平塚智朗

 11月9日(土) 松江養護学校川津校舎において、恒例の松養まつりが開催されました。当日は、松江湖城LCからL浅野、L三成(浩)、L内田、L南、L宇山、平塚の6名が参加しました。お忙しい中ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
 令和元年度の「松養まつり」のスローガンは ~笑顔でつなごう未来への希望~ です。オープニングセレモニーで、代表の生徒が一人ひとりの笑顔を大切にみんなで、協力し、つながりあって、最高のまつりにしていきたいと、力強く、発言したのが印象的で、にぎやかに開催されました。
 松江養護学校は、知的障がいをもつ児童・生徒が通う学校ですが、道下校長先生を始めとする教職員及び保護者の皆様、そして何よりも、児童・生徒さんたちみんなが、仲良く協力し合い、力を合わせて、この祭りを盛り上げ、校舎中が人で満ち溢れた、活気のあるお祭りであると感じました。
 年々、このお祭りに参加される方が増えてきており、買い物の行列での待ち時間が長くなった気が致しております。

続きを読む...

2019/11/21 18:07 | 未分類 | コメント(0)

2019年11月18日(月)

OSEALフォーラム・アラートセミナー参加報告

会計 藤原 広典

日本各地で自然災害による被害が多発しています。そのような中で日本ライ
オンズの中にアラート委員会が発足いたしました。組織としての在り方や活動方針については、実際に動く中で最善の形を模索していきたいとアラート委員長よりご挨拶がありました。「自然災害に備えてライオンズが担う事」という内容で講演がありました。最初に近い将来100%の確率で起こるだろうという内閣府が監修した南海トラフ巨大地震のDVDを視聴しました。これはNHKスペシャルでも放送され私も見ましたが、見ておられない方はYouTubeでも見られますので、是非見ておいてください。その後ライオンズ的な支援の在り方というテーマで九州 佐賀 337-C地区 武雄ライオンズクラブの石永ライオンより2019年8月末の佐賀豪雨の時の経験のお話しがありました。自身も被災するなかで、被災者への温かい食事の提供を44日間にも渡りされた、厨房運営での苦労をお聞きしました。温かい食事をいただくことで人は心が安らぐことができるようで、回を増すごとに被災された方の表情にも変化が見え、少しずつ元気を取り戻していく姿に勇気がわいた、感動したというお話がありました。続いてアラート委員長 小林ライオンよりライオンズクラブにおけるアラート活動の内容として災害ボランティアの方を支える後方支援の重要性、被災者への
直接支援 物資の提供、現場作業、心身のケア等
迅速で的確なアラート活動を行う為の必須項目として
・ アラート準備金(緊急災害支援準備金)の確保
・ 地元の社会福祉協議会との親密な関係を構築する
・ クラブ内にアラート委員会を設置する
等、重要なお話しがありました。ライオンズクラブを考えた時
ライオンズクラブの強みを活かせる(地域の地理や人間関係に精通)
クラブ内にあらゆる業種、職種のメンバーが居る
若いメンバーは前線で 高齢のメンバーは後方支援できる
ライオンズには(人、物、金)すべてそろっている
これはまさにライオンズが担うことだと私も確信し、アラート奉仕活動を行う意義を大いに感じました。
ライオンズクラブ国際協会スローガン
Our Nations Safety ⇒  我々の国の地域の安全を守る
という精神も理解でき、勉強させてもらったアラートセミナーでした。
微力ながら私も事が起きた時に役に立つよう日々研鑚していきたいと思います。

2019/11/18 17:45 | 未分類 | コメント(0)

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]