[先頭]  <<    1   2   [3]   4   5   >>   [最後]
2021年09月06日(月)

令和3年度 少年の主張松江大会

 松江湖城ライオンズクラブが後援する少年の主張松江大会が松江市立湖東中学校にて開催されました。(DVD審査)

奥田幹事が橋北地域、槇原教育・YCE・LCIF委員長が橋南地域の審査員としてそれぞれ参加、審査結果は下記の通りです。

橋北地域 最優秀賞
松江市立第二中学校二年 若槻悠生さん
演題「男のヘアドネーション」

橋南地域 最優秀賞
松徳学院中学校三年 上川心海さん
演題「言葉一つ一つを考えて」

最優秀賞に選ばれたお二人は「少年の主張島根県大会」(第50回島根県少年弁論大会)に出場されます。ご健闘をお祈りします。

【大会概要】
少年の主張松江大会
開催日 令和3年8月31日(火)
会場  松江市立湖東中学校
主催  松江市中学校長会
主管  松江市中学校生徒指導部会
後援  松江市教育委員会
青少年育成島根県民会議
松江湖城ライオンズクラブ
松江地区防犯協会

続きを読む...

2021/09/06 18:07 | 未分類 | コメント(0)

2021年08月02日(月)

母衣小学校ビオトープ清掃    【2021年8月1日】

 朝6:00から毎年恒例のビオトープ清掃が、会員30名、教育委員会、母衣小学校の皆さん20名の参加で行われました。
スッキリ除草されたビオトープ周辺は見違えるほど綺麗になり、早朝の晴天のもと全員で汗をかき、爽やかな気分になりました。
最後に藤原松江市教育長、大谷母衣小学校長、門脇会長の挨拶で今日の奉仕作業を終えました。

続きを読む...

2021/08/02 18:08 | 未分類 | コメント(0)

2021年07月12日(月)

2021年度 第1回松江湖城LCゴルフコンペ 【2021年7月10日】

  今年度最初のゴルフコンペが前年度会長杯の取切戦を兼ねて、玉造温泉C.Cにて開催されました。

優勝は門脇会長、準優勝は蒼座さん。取切戦の優勝は山根さん、準優勝は板持さんでした。

続きを読む...

2021/07/12 16:23 | 未分類 | コメント(0)

2021年04月16日(金)

松江湖城LC第6回ゴルフコンペ

第6回ゴルフコンペに参加のみなさん第6回ゴルフコンペに参加のみなさん

 去る4月10日(土)石松会長杯の最後になる第6回ゴルフコンペが玉造カントリー倶楽部で開催されました。晴天の中で開催され松江湖城OBの方々や新会員の方々まで参加され幅広い友好が育まれる大会となりました。
 この大会は板持さんが実力を発揮され唯一の70台のベスグロ優勝で飾られました。2~4位までをOBの方が独占され取切戦の最後の権利を6位のL.青戸(康)がゲットされました。

 

優 勝 板持孝敏 out39 in38 GROSS77 HDCP72.2 NET72.2
準優勝 吉岡 彰 out43 in50 GROSS93 HDCP20.4 NET72.6
三位  木山正美 out49 in45 GROSS94 HDCP20.4 NET73.6
 
取切戦権利 青戸 康宏

続きを読む...

2021/04/16 12:53 | 未分類 | コメント(0)

2021年03月24日(水)

第3回ガバナー諮問委員会

  ラインズクラブ国際協会336‐D地区1R2Z第3回ガバナー諮問委員会が3月13日(土) ホテル白鳥にて、松江湖城ライオンズクラブがホストとして開催されました。 

当日は古志野Z・Cの開会宣言及び開会ゴングにより開始となり、矢野地区名誉顧 問及び日野R・Cの挨拶の後、古志野Z・Cより、キャビネット会議の様子等が報告されました。 
各キャビネット委員からの報告の後、休憩を挟んで、諮問事項の時間となりました。 
ラインズクラブ国際協会336‐D地区1R2Z第3回ガバナー諮問委員会が3月13日(土) ホテル白鳥にて、松江湖城ライオンズクラブがホストとして開催されました。 
当日は古志野Z・Cの開会宣言及び開会ゴングにより開始となり、矢野地区名誉顧 問及び日野R・Cの挨拶の後、古志野Z・Cより、キャビネット会議の様子等が報告されました。 
各キャビネット委員からの報告の後、休憩を挟んで、諮問事項の時間となりました。 
各クラブから、今年度半年が経過し、コロナ過の中、どのように事業や例会を運営しているのかなど、様々な発表があり、お互いに貴重な情報交換会として、時 間が足りなくなるほど活発な意見交換会となりました。 
気になった点として、コロナ過の影響により、特に東京、札幌の飲食店関係のライオンの退会が急激に進んでいること、岡山県と鳥取県で各1クラブづつ解散してしまったことなどの報告がありました。そのほか、1R2Z内のクラブメンバー がお亡くなりになった際、献眼の意思を示しておられたにもかかわらず、うまく手続きが出来なかった関係で献眼不成立となってしまった事例が紹介されました。 
最後に大野第1副地区ガバナーより、次年度はコロナ過の影響が残る中、まず もって退会会員の防止、会員数の維持を図りたいとの方針が示され、総括とされ ましたことをご報告致します。
 
会長 石松俊之

2021/03/24 18:17 | 未分類 | コメント(0)

[先頭]  <<    1   2   [3]   4   5   >>   [最後]