韓国青年ホームスティ

松江市国際交流協会が主催する「松江・日本文化講座」に韓国から参加した青年のうち二名のホームステイを、 我が湖城ライオンズクラブのL.児玉宅とL.森山宅にて受け入れました。イ・ヒョンホ(李鉉鎬)さん〔男性〕とキム・ユンヨン(金允永)さん〔女性〕のお 二人です(納涼例会にもご出席頂いたので皆さんご存知でしょう)。ホームステイの様子をホストファミリーを代表してLL.の森山清美さんにご報告頂きまし た。

ホームステイを受け入れて ー森山 清美ー

  昨年に続き今年もホームステイを致しました。韓国のソウル市に在る徳成(トクソン)女子大学日語日文学科4回生金允永(キム ユンヨン)と云う女子学生です。日本の文化について多くのことを知りたいと言う動機で応募し、国際交流学生として我が家で迎え入れることになりました。
国際交流会館へ迎えに行った時には大変緊張をしていましたので、何とかリラックスして、日本の良いところを見て学んでくれれば…と言う想いで、7月29日から3日間お世話をさせて頂きました。
しかし、そこは若い子ですから直ぐに慣れて我が家の生活に解けこんでくれ、私達の娘となんら変わらないような気が致しました。


  今時の日本の女子学生に失われてしまった純真さや気遣いが有り、何か懐かしい想いにさせてくれました。また、インターネットで韓国の家族のホームページを開いてくれたりして私達を楽しませてくれました。
短い日数でしたが、八重垣神社の夏祭り、米子のがいな祭り、そして我がクラブの納涼例会にも同じ韓国の男子学生と、共に招かれてライオンの皆様と一緒に楽 しい一時を過ごす等、彼女にとっては一生の思い出の一助になれたかなと思っています。
世情は色々と厳しい状況ではありますが、人と人とのつながりは温かく永く続いて欲しいものと思いました。
終わりに湖城ライオンズクラブのみなさまには大変温かくして頂き、誌上をお借りして厚く御礼を申し上げます。


 

ページトップ

Copyright 2012 LionsClub 336-Division. All rights reserved.