東京虎ノ門LC 第42期年次例会に参加して

 東京虎ノ門LCよりご案内を頂き、12月7日、東京全日空ホテルで行われたチャーターナイト例会に当クラブから6名が列席いたしました。
例会は、日本盲導犬協会・井上理事長を始め、スポンサークラブ、ブラザークラブも参加され厳粛に執り行われました。当クラブからは北川第一副会長が、手を 携えて今後とも盲動犬事業を推進しましょうと挨拶をし、又、狩野委員長が、今年度より盲動犬の啓蒙ならびに募金活動を開始した旨を報告し、会場から称賛の 拍手を頂きました。そして、その募金の一端を虎ノ門LC経由で日本盲導犬協会に寄付いたしました事と今までの協力に対し、井上理事長より松江湖城LCに感 謝状を頂き、思いも寄らぬ事で参加者一同、大変感激致しました。
会は虎ノ門LC会員様達の暖かい雰囲気の中で進みましたが、情熱溢れる、機転の利いたエレクトーン演奏によるバックミュージックで大いに盛り上げておられたのが印象的でした。
虎ノ門LCとは、1973年に青木やす子さんに最初の盲動犬貸与を共同アクティビティ後より交流を続け、絆が深まり、今までに5頭の盲動犬の貸与を共同ア クティビティして参りました。松江湖城LCは、今年度より盲動犬貸与事業を重点的に取り上げる事になりましたので、今後、日本盲導犬協会と虎ノ門LCとよ り緊密に連絡を取りながら、地域で称賛を得られる事業にしていきたいものだと思います。

東京虎ノ門LC友好委員長
南目 尚範


 

挨拶する北川第一副会長


狩野委員長が事業報告しました


 
 

松江湖城LC参加者の皆さん
L.南目、L.長谷川、L.山本(鷹)、L.北川、L.白川、L.狩野(浩)

 
 

ページトップ

Copyright 2012 LionsClub 336-Division. All rights reserved.