平成19年度少年の主張松江大会

 秋晴れの中、去る9月5日に橋南は玉湯中学校、橋北は県民会館において開催されました。当クラブから北川会長をはじめ10名の参加を頂き、御礼申し上げます。

 

 市内19校より20名の弁士がそれぞれの校内で行われた大会を勝ち抜いて代表となり、弁を振るいました。そ れぞれの会場で最優秀賞1名、優秀賞2名を選考しました。橋南の最優秀賞は林原友梨(松江四中2年)さんで、題名:光と影(自己理解・他者理解のための視 点)、橋北の最優秀賞は小島里砂(松江二中3年)さんで題名:朝の体験から(人権)でした。どの弁士も中学生らしい通常の生活や体験を通じて感じた弁論が 展開されながらも、その視点は大変鋭く弁士の話しに引き込まれました。

 

 最後に橋南は北川会長、橋北は白川第一副会長より副賞が授与され、無事大会が終了いたしました。ご協力いただきました皆様には感謝申し上げます。ありがとうございました。

教育委員長
洞 幸作

橋南地区参加者(順不同)
L.北川、L.吉野、L.堰、L.青戸、L.中林

橋北地区参加者
L.白川、L.岡田(嘉)、L.今岡(和)、L.木山、L.野々村

 

出場者と白川第一副会長ほか湖城LCメンバーのみなさん


北川会長によるトロフィーの贈呈


 
 

ページトップ

Copyright 2012 LionsClub 336-Division. All rights reserved.