2016年03月12日(土)

「第3回盲導犬学校キャラバン」実施

キャラバン参加者の皆さんキャラバン参加者の皆さん

 平成28311日(金)1045分より1225分まで「第3回盲導犬学校キャラバン」が松江市内開星中学校3階多目的室にて、2年生49名を対象に実施されました。最初に吉岡彰会長がごあいさつされ、視力障害者の方や盲導犬へのご理解をお願いされました。

 その後、第一部の盲導犬ユーザー大石清美さん(盲導犬リオ号)のユーザーとしてのお話や島根あさひ訓練センター佐々木様・中村様と新人PR犬(ロッシー号)のデモンストレーションを行い、盲導犬への知識を深めて頂きました。第二部として白杖の使い方や盲導犬の仕事の大切さを実際に自身の体験から学んでもらうために、白杖体験と目隠しによる盲導犬との歩行を体感して頂きました。選ばれた4名の生徒さんたちは戸惑いながらも大変興味を持って一生懸命に学習してくれました。

 私たち松江湖城LCの行う「盲導犬学校キャラバン」は児童、生徒の年代から盲導犬を理解し、より身近に感じてもらうことで盲導犬ユーザーが将来にわたり暮らしやすい地域社会をつくることを目的としたアクティビティです。

 今回の「盲導犬学校キャラバン」で得た知識や体験を通じて、生徒たち全員の心の中にボランティアの芽が育まれてくれることを期待したいと思います。

 最後にお忙しい中ご参加頂きました13名の会員の皆様、大変ありがとうございました。今後も盲導犬育成のための支援活動にご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

盲導犬育成委員長 三成 浩巳

松江湖城LC吉岡会長の挨拶松江湖城LC吉岡会長の挨拶

大石清美さんのデモンストレーション大石清美さんのデモンストレーション

2016/03/12 12:03 | 未分類 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください