2016年11月07日(月)

少年の主張松江大会最優秀賞受賞者スピーチ

例会に参加のゲストの皆さん例会に参加のゲストの皆さん

 11月1日(火)第一例会において教育・YCE・LCIF委員会の活動のひとつであります、少年の主張松江大会最優秀賞受賞者を招き例会にてゲストスピーチとして、発表していただきました。 

 平成28年度少年の主張松江大会最優秀賞受賞者の橋北地区は松江市立第一中学校(2年生)林 英里(はやし えり)さん、引率の先生は西村 勝美(にしむら かつみ)先生で演題は「つなぐ傘」でした。 

 橋南地区は松江市立湖南中学校(3年生)細田 沙雪(ほそだ さゆき)さん、引率の先生は川上 淳一(かわかみ じゅんいち)先生で演題は「両手に伝わる重みから」でした。 お二人のスピーチは、心に染みる感動を与えていただくものであった、と思いました。 

 なお、お二人の方は、9月27日(火)に行われました島根県大会へ出場され、林 英里さんは島根県知事賞、細田 沙雪さんは優秀賞の表彰を受けられました。 

 島根県知事賞を受賞された林 英里さんは中国・四国ブロックの代表として、11月13日(日)開催の第38回少年の主張全国大会へ出場となります。 お二人の今後の活躍を期待しております。

島根県知事賞の松江市立第一中学校 林英里さん島根県知事賞の松江市立第一中学校 林英里さん

優秀賞の松江市立湖南中学校 細田沙雪さん優秀賞の松江市立湖南中学校 細田沙雪さん

2016/11/07 16:43 | 未分類 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください